ここから本文です

お待たせ今季初ゴール!! 川崎F小林悠「どうしても結果が欲しかった」

4/23(火) 23:13配信

ゲキサカ

[4.23 ACLグループH第4節 川崎F2-2蔚山 等々力]

 待望の今季初ゴールだ。川崎フロンターレFW小林悠は4-2-3-1の最前線で先発し、幸先良くゴールネットを揺らした。前半8分、CKの流れからMF大島僚太が絶妙なスルーパスを通すと、小林がトラップから右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

「僚太がよく見てくれていましたし、すごくいいゴールだったなと思います」。後半開始からはFW知念慶と2トップを形成。90分間で4本のシュートを放ち、同点ゴールも小林が放ったシュートのこぼれ球から生まれた。

「久しぶりに1トップをやらせてもらって、どうしても結果が欲しかった。点が取れない時も家族が支えてくれたし、サポーターが応援してくれていた。そういう人たちに早くゴールを見せたかった。勝てなかったんですけど、個人的にはちょっとホッとしています」

 先制後に2失点を喫したが、チームは後半37分に同点に追いつくと、終了間際も怒涛の猛攻を見せた。決勝点こそ挙げられなかったが、本来の姿を取り戻しつつある。「同点だったのに言うのもなんですけど、すごく感覚が戻ってきたというか。点が取れそうだなというサッカーはできている。正直、それが戻ってきただけでも楽しさはある」と好感触を口にした。

最終更新:4/24(水) 5:13
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事