ここから本文です

米中の貿易協議は6月末までに妥結へ、商品相場に追い風-シティ

4/23(火) 14:58配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): シティグループによると、商品相場の見通しは明るい。米中貿易合意や中国の需要回復、ドル安などの好材料が重なり、原材料価格が支えられると同社はみている。

シティの基本シナリオでは、米中は長引いている通商対立を解消させることで6月末までに合意し、関税撤廃の道が開かれる見込み。エド・モース氏らアナリストはリポートで、両国の合意は4-6月(第2四半期)末に実現の「方向」にあるとの見方を示した。

原材料価格は2019年にエネルギー価格や金属の値上がりに支えられ上昇。米国がイラン産原油禁輸の適用除外打ち切りを決めたのを受け今週も堅調だ。米国と中国は通商対立の解消を目指して外交努力を加速させており、来月に合意実現の観測もある。解決されれば大豆や豚肉などの商品需要にも追い風になる。

シティグループは「貿易協議中に部分合意された通り、中国はエネルギーと農産物の米国からの購入を向こう数カ月から数年にわたって増やす見込みだ」と指摘し、今四半期は「商品にとって再び好調な四半期になり」、7-9月(第3四半期)と、場合によっては年末にかけても、原材料価格が「上向く」と予想した。

原題:Citi Says U.S. and China Will Nail Deal, Aiding Commodities (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

最終更新:4/23(火) 14:58
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事