ここから本文です

スライスを直すちょっとしたポイント♪ 鶴岡果恋

4/24(水) 5:01配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

期待のルーキー鶴岡果恋が登場♪

今回から登場するのは、昨年のプロテストで一発合格を果たした鶴岡果恋。切れ味鋭いショットを武器に今後の活躍が期待される美人プロだ。ドライバーからパッティングまで、アマチュアゴルファーが陥りがちなミスをレスキューしてくれる。

【動画】ムービーで分かりやすく解説♪

「スライス矯正」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーRさんの悩み】
「どんなにレッスンを受けても、どんなにクラブを替えても、スライスが出てしまいます。どうしたら良いでしょうか?」

【鶴岡果恋のレスキュー回答】
スライスの原因はいくつかありますが、私の場合は主にアウトサイド・インのカット軌道だと思っています。アドレスとスイングの意識を変える、ちょっとしたポイントをお教えします。

1. インサイドに上げるのはNG

ゴルフスイングは上げた軌道と下ろす軌道が、ループするものだと考えています。インに上げればアウトから、アウトに上げればインから下りてきやすいもの。スライスを直したい場合、インサイドに上げるのはNGなのです。

2. アドレスで右肩を引く

ヘッドをアウトサイドに上げるためには、アドレスでの右肩がポイントです。通常より少し右肩を引いておき、右ひじを軽く緩めてクラブを握るようにしています。右肩を引くだけで、自然とヘッドを操作しやすくなるからです。

3. アウトサイドにヘッドを上げる

右肩を引くことで、ヘッドをアウトサイドへ上げやすくなります。上げる方向とは逆なので、かなり大きく外側に上げていくイメージ。そうすることで切り返し以降、インサイド・アウトの軌道になり、スライスを予防できますよ♪

【今回のまとめ】右肩を引いてスライス対策

・アドレスで右肩を少し引く。
・アウトサイドにヘッドを上げる。

取材協力/葉山国際カンツリー倶楽部、葉山パブリックゴルフコース・練習場

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ