ここから本文です

Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

4/24(水) 1:32配信

Game Spark

パブリッシャーFocus Home InteractiveおよびデベロッパーSaber Interactiveは、現地時間4月16日に発売されたCo-opゾンビシューター『World War Z』が、発売初週に100万本セールスを達成したことを明らかにしました。

大きな写真で詳しく見る

VentureBeatでのインタビューによれば、米国と欧州での売り上げはともに堅調で、全プラットフォーム通しての同時接続プレイヤー数は7万人を記録したとのこと。また、米国外ではEpic Gamesストアでの売り上げが非常に好調だったそうで、米国においてはその4分の1の売り上げしかなかったことに驚いたと述べています。


『World War Z』は同名ゾンビ映画をベースとしたCo-opシューター。東京を含む世界の様々な場所を舞台に、4人のプレイヤーが協力して大量のゾンビに立ち向かいます。対象プラットフォームはPCおよび海外PS4/Xbox Oneで、PC版は現時点でEpic Gmaesストアでのみの販売となっています。

Game*Spark RIKUSYO

最終更新:4/24(水) 1:32
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事