ここから本文です

YOSHIKI 『SONGS OF TOKYO』で魅せた涙の演奏と名言の数々に世界中から反響

4/24(水) 11:15配信

エキサイトミュージック

22日、 NHK ワールドJAPANで全4回放送された『SONGS OF TOKYO』(次回:総合テレビ 5月4日深夜0:05~)」にYOSHIKIが第一回目の番組ゲストとして出演。番組内で演奏したパフォーマンスと数々の名言「過去は未来で変えられる(The future can change the past)」「人を救うことで自分も助けられる(Helping people can help me)」に放送直後より世界中から賞賛のコメントが殺到している。NHK WORLD-JAPANは、160カ国に約3億人の視聴者がいる日本を代表する公共放送局。

YOSHIKは番組内で、「僕が世界で頑張れば頑張るほどHIDEやTAIJIの存在、そしてすばらしさを世界に伝えることができる」と、他界したメンバーに向けた思いを明かし、さらに「すばらしい音楽を作って人々を助けることが僕の使命」と、自身が背負う使命感と2人の夢を背負って、世界に挑戦していることを語った。

また、HIDEが他界した当時を振り返り、「もうステージに戻れないんじゃないか」と死が頭をよぎるほど思いつめていた過去を明かした。しかし、その苦境から立ち直り生きる希望を与えてくれたのが、天皇陛下御即位十年の奉祝曲「Anniversary」を皇居前広場で披露した際に浴びた歓声だったこと、それによって生きる道はステージだと改めて気づかされたことを明かし、TVでは異例で初となる完全版「Anniversary」(7分27秒)を演奏した。パフォーマンスと共に映し出されたスクリーンには、令和に向けて平成を振り返る映像や、平成と共に誕生したX JAPANのドラマの数々が写しだされた。また、「ENDLESS RAIN」では、世界各国のファンの大合唱が沸き起こり、YOSHIKIは演奏しながら涙した。

番組内で披露した圧巻のパフォーマンスとエピソードの数々に、放送直後からSNSではコメントが世界各国から殺到している。

「“過去は未来で変えられる” あれだけの経験を乗り越えたYOSHIKIの言葉だからこそ信じられる。最近いろいろ過酷過ぎて本当に死にたいと思ったけれど、YOSHIKIを信じて生きようと思った」

「信念を曲げず柔軟性を持ち30年経った今でも謙虚さと自信を持ちながらも向上心を忘れずに継続的に努力し進化し続けるYOSHIKIだからこそ世界を魅了し続けているのですね」

「正直、X JAPANについてあまり知らなくて、HIDE、TAIJIというメンバーがいたことを初めて知った! YOSHIKIの強さは、そういうメンバーへの思いがあってこそのものなのかな」

「YOSHIKI's performances were so stunning, heartfelt, beautiful & dynamic.Also YOSHIKI'’s talk was full of inspiration」

「Thank you very much for your intention every time. And I believe that they can recognize your intentions Even if they are in heaven」

「I'm crying every time I hear this song..Endless Rain is a beautiful gift for people」

YOSHIKIの登場によって番組初回から驚異的な反響が起こっているこの“神回“の放送は、1日のうちに4回も放送され、オンデマンドでの配信も開始されている。5月5日(日)未明には、NHK総合テレビでの放送も決定している。

■番組情報

『SONGS OF TOKYO』
ゲスト:YOSHIKI
HOST:村上信五
Co-HOST:ホラン千秋

放送
・NHKワールドJAPANオンデマンド

・総合テレビ
5月5日(日)午前0:05~0:38 ※4日(土)の深夜

最終更新:4/24(水) 11:15
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事