ここから本文です

【レッドブル・ホンダ】フェルスタッペン「バクーはエキサイティングでいろいろ起こって、オーバーテイクしやすい」

4/24(水) 19:01配信

TopNews

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、バクー市街地サーキットで行われる2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP(28日決勝)に向けて次のようにコメントした。

■マックス・フェルスタッペン

「バクーはかなり面白いレースだよ。市街地サーキットだけに、通常多くのダウンフォースを稼ぎたいんだ。バクーではコーナーの間に長いストレートがあるからその妥協点を見つけなくてはならない。それによってコース上でのグリップはかなり低くなってしまい、マシンがいたるところでスライドしてしまうんだ」

「走るのは楽しいよ。とりわけ城の部分はそうだね。かなり狭いけれど後で見返すと本当にいい絵になるんだ。長いストレートがあるし、とりわけDRSゾーンでは追い抜きのチャンスも多いサーキットだよ。だからいつもエキサイティングな週末になるし、いろんなことが起こる可能性もある。見所のあるショーになるし、今年のレースでもいい物語が生まれるといいね」

最終更新:4/24(水) 19:01
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事