ここから本文です

ミッシェル・ウィがツアー離脱を表明 手首の治療に専念

4/24(水) 18:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

米女子ツアー通算5勝のミッシェル・ウィが23日、今週開催の「ヒューゲルAirプレミア LAオープン」を欠場するとともに、ツアーを離れて手首痛の治療に専念することを表明した。自身のSNSに「しばらくの時間を回復に充てることが、私にとって最善策だと思っている」と記し、左手首を器具で固定した画像を投稿した。

ミッシェル・ウィの物議をかもしたファッション

長く手首痛を抱えていたウィは昨年10月に手術に踏み切り、今年2月の「ホンダLPGAタイランド」でツアー復帰。4日間をプレーして通算6アンダーの23位で終えたが、翌週の「HSBC女子チャンピオンズ」では初日に途中棄権。再びの戦線離脱を強いられた。

約1カ月後に復帰した4月「ANAインスピレーション」、さらに2週後の「ロッテ選手権」では予選落ち。その後に主治医と面談を行い、しばらくツアーを離れる結論に至った。

ウィは離脱中の3月10日に元NBA選手の息子との婚約を発表したばかりだが、ゴルフではケガに苦しむ時期が続いている。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事