ここから本文です

タランティーノ新作、8月30日に日本で公開!

4/24(水) 7:06配信

シネマトゥデイ

 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演したクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の日本での公開日が8月30日に決定した。

【動画】映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』特報

 あわせて日本版ポスターと新たな場面写真も公開された。本作でディカプリオは俳優として再び栄光を取り戻そうとしているテレビ俳優リック・ダルトンを、ブラピは長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブースを演じている。

 『パルプ・フィクション』『キル・ビル』などのタランティーノ監督の新作は、1969年のロサンゼルス、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を描いた作品。当時のハリウッド、そしていまやハリウッドが失われてしまったものを知るタランティーノ監督が、5年の歳月をかけて脚本を執筆した入魂の映画だ。

 アル・パチーノ、ダコタ・ファニング、ティム・ロス、カート・ラッセルらのほか、先日52歳の若さでこの世を去った「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」のディラン・マッケイ役で知られるルーク・ペリーさんも出演している。(編集部・海江田宗)

最終更新:4/24(水) 7:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事