ここから本文です

『光のお父さん』GLAYが主題歌書き下ろし!楽曲入り予告編が公開

4/24(水) 8:00配信

シネマトゥデイ

 人気ロックバンド・GLAYが、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(6月21日公開)の主題歌を手掛けたことが明らかになった。GLAYのTERUが本作のために書き下ろした楽曲で、タイトルは「COLORS」。

GLAYの楽曲入り『光のお父さん』本予告映像

 累計アクセス数1,000万超えの大人気ブログを基にした本作は、ずっとすれ違ってきた父の本音を知るため、息子がオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界で正体を隠して父と共に冒険に出た実話を坂口健太郎と吉田鋼太郎のダブル主演で実写映画化。公開が発表された際にはTwitterで世界トレンド入りを果たすなど、公開前から早くも話題を呼んでいる注目作だ。

 そんな本作の主題歌を手掛けたGLAYのTERUは、自身がファイナルファンタジーXIVのプレイヤーとして見てきた景色と、今回の話がなければ「COLORS」は生まれなかったという。「親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ」と楽曲に込めた思いを明かしたTERUは、「もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください」と呼び掛けた。

 あわせて公開された予告編では、ゲームを通じて次第に父・暁(吉田)と息子・アキオ(坂口)の距離が縮まっていく様子が捉えられている。ウキウキとした様子でプレイするアキオや、苦戦しつつも真剣にゲームに向かう暁の姿がなんとも微笑ましいが、そんなある日、父の抱えていた秘密が発覚することに。GLAYが奏でる美しいメロディーが、感動的な映画の雰囲気を盛り立てている。

 また、挿入歌はボーカル3人とDJ1人で構成されたグループ・THE BEAT GARDEN が担当。同グループが映画挿入歌を務めるのは本作が初となる。(編集部・吉田唯)

コメント全文

■GLAY TERU
劇場版・光のお父さんの主題歌のお話を頂いたのは結構前なのですが、お話をいただいてからというもの、光の戦士としてFF14の世界をあらゆる角度から見てきました。長くプレイしなければ感じられない機微を音楽で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です。なので、今回のお話がなければ、この曲は生まれていません。親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください。 

■THE BEAT GARDEN
映画「光のお父さん」の“挿入歌”というお話を頂いて、スクリーンの中でどのシーンで流れてもストーリーと共に歩んでいける歌を作れたらと思い、曲を描いていきました。ゲームの中や現実で、見える敵と見えない敵に敗れても敗れても立ち向かっていく登場人物達は本当に「負け」なのか。自分にも問いかけながら綴った言葉や歌がどんな答えを映画の中で教えてくれるのかを楽しみにしています。初めての映画挿入歌。こんな素敵な作品の一員にさせて下さり、本当にありがとうございます。

最終更新:4/24(水) 8:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事