ここから本文です

ホンダF1、アゼルバイジャンGPにPUアップグレード投入。全4台が使用へ

4/24(水) 16:05配信

motorsport.com 日本版

 ホンダは、第4戦アゼルバイジャンGPでパワーユニット(PU)のアップグレードを持ち込むようだ。レッドブルのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリー、トロロッソのダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボンの4台ともが、アップグレードされた内燃機関(ICE)を使用すると見られている。

【写真】中国GPのFP3で大クラッシュを喫したアルボンのマシン

 ホンダはアップグレードされたICEについて、耐久性と寿命の改善、信頼性の向上に加えて、パフォーマンスもわずかながら上昇していると説明した。

 第3戦中国GPでは、クビアトのPUにデータ異常が発見された上、アルボンがクラッシュを喫したため、両ドライバーがPUを交換したばかりだ。

 ホンダは、クビアトのPUに発生した問題を調査したところ、原因は”品質管理の問題”だと結論づけた。そしてそれが、スペック2と呼ばれるエンジンを第4戦というシーズンの序盤で全4台に投入する理由のひとつだという。

 この変更により、クビアトとアルボンは使用するICEが3基目になるため、グリッド降格ペナルティが間近に迫ることになる。

 ホンダはメルセデスとフェラーリに追いつくために開発を続けており、レッドブルとトロロッソはシーズンのどこかでグリッドペナルティを受けることになるだろう。

 一方フェラーリとメルセデスは例年通り、パワーが重要とされる第7戦カナダGPまでアップグレード投入を遅らせるものと見られる。

 ただアゼルバイジャンGPの舞台となるバクー市街地コースはスロットル全開時間も長く、PUに大きな負荷がかかるコースだ。こうした要素が、早めに信頼性ベースのアップグレードを導入するというホンダの決定に影響を及ぼしたのかもしれない。

Scott Mitchell

最終更新:4/24(水) 16:05
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事