ここから本文です

日本勢が全種目で初戦を突破、前回超えの好発進…世界卓球

4/24(水) 0:28配信

スポーツ報知

◆卓球 世界選手権個人戦 第3日(23日、ハンガリー・ブダペスト)

 男女シングルス1回戦が行われ、日本勢は10選手全員が2回戦進出を決めた。22日には混合ダブルス、男子ダブルス、女子ダブルスで全6ペアが1回戦に勝利。全種目で全選手が初戦を突破し、メダル5個を獲得した前回大会でも果たせなかった好発進を飾った。

 男子は第4シードの張本智和(15)=木下グループ=がポーランド選手を4―1で下した。水谷隼(29)=木下グループ=、丹羽孝希(24)=スヴェンソン=は順当に勝利。シングルス初出場の吉村和弘(22)=東京アート=、森薗政崇(24)=岡山リベッツ=も初戦を制した。

 全員が前回大会を経験している女子も、危なげなく勝ち上がった。17年大会銅メダルの平野美宇(19)=日本生命=は北朝鮮選手に4―1。石川佳純(26)=全農=、伊藤美誠(18)=スターツ=、佐藤瞳(21)=ミキハウス=、加藤美優(20)=日本ペイントホールディングス=はいずれも4―0のストレート勝ちを収めた。

最終更新:4/25(木) 23:01
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事