ここから本文です

フォーミュラEのヴァージン・レーシングが『ハーレー・ダビッドソン』とスポンサー契約を締結

4/24(水) 19:38配信

motorsport.com 日本版

 現在フォーミュラEに参戦中のエンヴィジョン・ヴァージン・レーシング。彼らは4月27日に行われるパリEPrixに先立ち、アメリカのモーターサイクルブランドとして有名な、ハーレー・ダビッドソンとの“複数年の”スポンサー契約を締結したことを明かした。

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

 ハーレー・ダビッドソンといえばV型2気筒エンジンの鼓動とそのスタイリングで世界中にファンを持つブランドだが、現在彼らは電動モーターサイクルの発売準備を行っている所でもある。

 2019年の後半に、ハーレー・ダビッドソンは『LiveWire』という初の電動モーターサイクルを発売する予定だ。

「我々と同じように、ハーレー・ダビッドソンはモビリティの持続可能性と最先端技術の開発に情熱を有しています。そして我々の間で、2輪と4輪で披露することが可能になります」とヴァージン・レーシングのマネージングディレクター 、シルヴァン・フィリッピは語っている。

 ハーレー・ダビッドソンのポートフォリオ及び製品計画担当副社長の、マーク・マカリスターは「電気自動車は世界的に将来のモビリティにおける最先端として離されており、その未来は今起こっています」とコメントしている。

「我々はフォーミュラEの先導者であるエンヴィジョン・ヴァージン・レーシングと、電動モータースポーツに対して信じられないほど興奮しています」

「チームの情熱、プロフェッショナリズム、そして電気自動車へのこだわりは、我々と一致しており、彼らと共に仕事に取り組むことは信じられないほどエキサイティングな時間になるでしょう」

 現在エンヴィジョン・ヴァージン・レーシングは、2018/2019シーズンのチームランキングでトップのDSテチータから7ポイント差の2位となっている。

Alex Kalinauckas

最終更新:4/24(水) 19:38
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事