ここから本文です

トヨタ マークX、コロナマークII から50年の歴史に幕[歴代写真]

4/24(水) 18:32配信

レスポンス

トヨタ自動車は、『マークX』の生産終了に伴い、特別仕様車「250S/250S Four ファイナルエディション」を設定し、4月24日より販売を開始した。

[関連写真]

マークXは、1968年に前身モデル『マークII』として登場以来、50年以上にわたり多くのユーザーに愛されてきたが、2019年12月をもって生産終了となる。ファミリーカーから始まったマークIIは時代の変化とともに、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩んできた。マークXに改名した2004年以降は、「美しく」そして「意のままの走り」ができるクルマとして存在感を示してきたが、いよいよその歴史に幕を閉じようとしている。トヨタでは最後の感謝を込め、特別仕様車を設定した。

エクステリアはスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を創出。ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの全3色を設定した。

インテリアでは、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たせている。

また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備。デザインだけでなく安全性能の充実を図った仕様としている。

価格はFRモデルの250Sファイナルエディションが333万1800円、4WDモデルの250S Fourファイナルエディションが348万9480円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:4/28(日) 0:40
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ