ここから本文です

広島・宮島にカフェ「りらっくま茶房」 京都に次ぎ国内2店舗目、グッズショップ併設 /広島

4/24(水) 18:46配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 広島・宮島の表参道商店街に「和×リラックマ」をテーマにしたグッズショップ併設のカフェレストラン「宮島 りらっくま茶房」(廿日市市宮島町、グッズショップ=TEL 0829-30-7833、カフェレストラン=TEL 0829-30-7834)が4月25日にオープンする。(広島経済新聞)

「宮島 りらっくま茶房」外観イメージ図

 土産販売の寺子屋(京都市右京区)がサンエックス(東京都千代田区)とのカフェ事業ライセンス契約締結に基づき、京都・嵐山に次ぐ国内2店舗目を出店する。店舗面積は61坪。カフェレストランの席数は42席。

 店内は、「日本の木造伝統建築と木のぬくもり」をテーマに、リラックマの好物「はちみつ」をメインコンセプトに展開。グッズ販売、テークアウト、カフェレストランの3コーナーで構成する。グッズはリラックマの顔付きもみじまんじゅう(8個入り1,200円)、カラフルな豆皿(800円)、木製しゃもじ(1,500円)など。宮島店限定160種類を含む、約1000種類の商品をそろえる。

 カフェレストランでは野菜を使ったヘルシーなメニューや和スイーツを提供する。「リラックマの穴子とカキの天ぷら御膳」(1,580円)、アイスクリームを挟んだブリオッシュでリラックマを作った「リラックマのもぐもぐハニーサンド」、アイスクリームを挟んだ白パンでコリラックマを作った「コリラックマのもぐもぐハニーサンド」(以上600円)など。メニュー数は食事6種類、デザート12種類、テークアウト8種類。

 営業時間は、カフェレストラン=10時30分~17時30分(テークアウトは10時から)、ショップ=10時~18時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/24(水) 18:46
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事