ここから本文です

【天皇賞・春】ルメール満足! フィエールマンが最終追い切りで軽快な動き

4/24(水) 12:59配信

スポーツ報知

 天皇賞・春・G1(4月28日、京都)に出走するフィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)が24日、茨城・美浦トレーニングセンターのウッドチップコースで最終追い切りを行った。

 道中のリズムがよく、直線は馬なりのまま楽々と併入に持ち込んだ。感触を確かめたクリストフ・ルメール騎手は「すごくいい追い切りができました。最後までいい脚で頑張ってくれた。彼のコンディションはちょうどいい」と手応え十分だった。

 見守った手塚貴久調教師も「こちらが思っている以上に時計は出たが、それだけ状態がいいのかなと思っています」納得の表情だった。

最終更新:4/25(木) 14:16
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事