ここから本文です

仏製造業景況感指数、4月は3年ぶり低水準 総合は昨年11月以来の高水準

4/24(水) 18:24配信

ロイター

[ 24日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した4月の製造業の景況感は、約3年ぶりの水準に低下した。ただ、企業全体の景況感は横ばいだった。

4月の製造業景況感指数は101と、前月の103(102から改定)から低下し、2016年6月以来の低水準となった。

ロイターがまとめたエコノミストの予想平均の102も小幅に下回った。

サービス部門の景況感指数は105。前月分は103から105に改定された。

製造業とサービス部門をあわせた総合景況感指数は105で、反政府デモが企業部門に打撃を与える前の昨年11月以来の高水準となった。前月分は104から105に改定された。

最終更新:4/24(水) 18:24
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事