ここから本文です

白鵬にけん責処分 千秋楽三本締め問題 宮城野親方は3カ月の減俸

4/24(水) 17:40配信

デイリースポーツ

 日本相撲協会は24日、都内で臨時理事会を開き、大相撲春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めをした横綱白鵬(34)=宮城野=を懲戒で最も軽いけん責(将来を戒める)処分とした。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は3カ月間、10%の報酬減額処分。懲戒は軽い順にけん責、報酬減額など7項目ある。白鵬、宮城野親方ともに理事会に呼ばれ、直接、処分が通告された。

【写真】観客と三本締めをする横綱白鵬

 本場所は千秋楽の表彰式後、神送りの儀式で終わる。横綱とはいえ、その前に手締めをしたことで横綱審議委員会(横審)などが批判。同協会のコンプライアンス委員会は規定の違反行為にある「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」に該当するか否かで審議を重ねた。白鵬と宮城野親方から聴取し16日に懲戒事由に当たると判断。処分意見を八角理事長(元横綱北勝海)に答申していた。

 白鵬は17年九州場所の優勝インタビューでも万歳三唱し理事会から厳重注意を受けた。再び三本締めを行った点を重視され、より重い懲戒となった。

 白鵬は聞き取り調査の際、「お客さんを喜ばせたいと思い、とっさにやってしまった。万歳三唱はダメだけど、三本締めをいいと思っていた」と釈明していた、という。

 師匠が弟子より重い処分となったのは、「万歳三唱の件で弟子白鵬の指導を怠ったとして理事会から厳重注意を受けたにもかかわらず、その後も指導・監督を怠り、白鵬による三本締めを招いた」と師匠としての責任を果たさず、理事会の軽視と判断された。

 八角理事長(元横綱北勝海)から「言いたいことはあるか」と問われた白鵬は「何もありません」と応じた、という。

 理事長は「大相撲は礼節を重視し勝敗や数字だけではとらえられない人間的なものを大切にしてきました。そういう大相撲の伝統と秩序、礼節と様式美を、横綱だからこそ率先して守ってほしいと、白鵬に伝えました。今後は白鵬に限らず、すべての力士が大相撲の伝統・文化をきちんと継承して発展させていけるよう、指導に一層、力を入れていきます」と談話を発表した。

最終更新:4/24(水) 19:24
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事