ここから本文です

ソフトバンク・三森が痛恨の勘違い

4/24(水) 20:39配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク-オリックス」(24日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの三森大貴内野手が痛恨の勘違い。七回1死走者なしで打席に立った。初球は見逃しストライク、2球目がファウルで追い込まれた後の3球目に珍事は起きた。

 セーフティバントを試み、一塁方向へファウルとなった。そのまま平然と打席に戻ろうとしたが、相手捕手の若月から指摘をされて初めてスリーバント失敗だと気づいた。

 プロ3年目の三森は今月18日に一軍初昇格し、21日の西武戦(メットライフ)でプロ初安打を含む猛打賞を記録した売り出し中の若手。この日はプロ2度目のスタメン。前の打席では左越え三塁打を放って好アピールしていたが、少しバツが悪そうにベンチに下がっていった。

最終更新:4/24(水) 21:01
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事