ここから本文です

「おかしいべ」でアマチュアスポーツ界を変えた…元担当記者が小出義雄さん悼む

4/25(木) 10:03配信

スポーツ報知

 女子マラソンで1992年バルセロナ五輪銀、96年アトランタ五輪銅メダルの有森裕子さん(52)、2000年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さん(46)らを育てた佐倉アスリート倶楽部(AC)の小出義雄代表が24日、肺炎のため千葉県内の病院で死去した。80歳だった。

 陸上界を、アマチュアスポーツ界を、変えた人だった。有森さんの銀と銅、高橋さんの金メダル獲得だけではない。「日比野君よー、おかしいべ」。選手の肖像権を日本オリンピック委員会(JOC)が一括管理していた時代、それに対する異議を何度も何度も聞いた。

 テレビCM出演はJOCのスポンサー企業に限られ、出演料はJOCや競技連盟の強化費に充てられ、選手の手に渡るのはわずかだった。「陸上をやる子供なんていなくなっちゃうよ。プロ野球選手みたいに頑張れば億万長者になれないと、夢がない」。小出監督はメダル獲得後のプランも描き、有森さん自身の肖像権管理、高橋さんのプロアスリートへの道を実現させた。今では陸上、水泳、柔道、体操、卓球など多くの選手たちがテレビやCMに出演している。自由に商業活動ができない「アマチュア競技」が存在しなくなったのも、小出監督の功績だろう。

 現役だった高橋さんが国民栄誉賞を受賞するか辞退するか悩んだときも「子供たちに夢を与えてやってくれよ」と、受賞を後押しした。東京五輪が盛り上がり、スポーツに取り組む子供たちが増えれば、監督は天国で大好きなお酒がますます進むだろう。「日比野君よー、みんな幸せになるのが一番だべ」。ご機嫌な声が、今にも聞こえてきそうだ。合掌。(98~05年陸上担当・日比野 哲哉)

最終更新:4/26(金) 16:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事