ここから本文です

生誕50周年の“羊の皮を被った狼”スカイラインGT-Rが登場

4/24(水) 6:32配信

オートックワン

オートモビルカウンシル 日産ブースには今年で50周年を迎えるGT-Rが登場

2019年4月5日から7日まで幕張メッセを会場に開催されたオートモビルカウンシル2019。貴重なクラシックモデルの展示即売会という側面のほか、各自動車メーカーがそれぞれ趣向を凝らしたブース出展をしている点も来場者の楽しみのひとつとなっている。

懐かしい響き!「ソレ タコ デュアル」あなたは知っていますか??(画像30枚)

自社で「日産ヘリテージコレクション」として過去に販売したモデルやレース車両、コンセプトカーなどおよそ400台もの車両を収蔵している日産自動車のブースでは、2019年に50周年を迎える(つまり1969年デビュー)のGT-R(当時はスカイラインGT-R)を祝し、初代のスカイラインGT-R(PGC10型)、そして2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンクサーキットの北コースにて、当時の量産車世界最速周回タイムとなる7分8秒679を記録したGT-R NISMO N-Attack Package(R35型)の実車展示を行った。

1969年式 スカイラインGT-R(1969年JAFグランプリ優勝仕様車 No.39)

1968年の東京モーターショーに展示されたスカイラインGTに書かれていた「R380エンジン搭載車」の文字。R380と言えば日本初のプロトタイプレーシングカーであり、搭載されていたエンジンは200馬力ほどを叩き出す直列6気筒2リッターDOHCエンジンだった。そんなレーシングカー直系のエンジンを搭載したモデルこそ、翌年2月に発売されたスカイラインGT-Rだったのである。

スカイラインGT-Rと言えば、日本国内における怒涛の49連勝を含む52勝を挙げたことが有名だが、その第一歩を記したのが、この1969年JAFグランプリに参戦したカーナンバー39(ドライバー:篠原孝道氏)のスカイラインGT-Rだったのだ(展示車両は当時を再現したレプリカモデル)。

しかし、この初勝利は一筋縄ではいかなかったものだった。当初は2位でゴールし、レース後に1位の車両が1週減算のペナルティを受けたことによる繰り上げで優勝というギリギリのものだったのである。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 6:32
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事