ここから本文です

完全試合続行中の日ハム杉浦5回交代の栗山采配に賛否

4/24(水) 5:10配信

THE PAGE

日ハムの杉浦稔大(27)が23日、札幌ドームで行われた楽天戦に今季初先発、5回まで9三振を奪い、たった一人の走者も出さないパーフェクトピッチングを続けていたが、65球で降板した。6回から登板した2番手のバーベイトが、その代わり端にブラッシュに同点2号ソロを浴び杉浦の今季初勝利が消滅。結局、1-4で敗れ、アクシデントでもないのに杉浦の大記録を中断させた栗山采配を巡って、一部のプロ野球ファンの間で賛否の論争が巻き起こった。

 栗山監督がメディアに対して行った説明によると登板前から球数が決められており、中長期的な視点で降板が決められたという。杉浦には故障の不安があり、今キャンプも途中でペースダウンして開幕1軍を逃し、ここまでファームでも3回以上投げていないため、その肩のスタミナと次を見据えての配慮だった。だが、まさかの完全試合中断を決めた栗山采配への批判の声がネット上に溢れた。

「ヒットを1本打たれてからの交代でよかった」
「パーフェクトピッチングを降板させた意味がわからない」
「栗山采配は、たまに意味不明な事があるけど、今回は後でしっかりと謝らないといけないレベルの采配ミス」

 降板反対派のほとんどは「ヒットを1本打たれるまで続投させるべきではなかったか」という意見。夢への可能性を自らが消す必要があったのだろうか?という疑問だ。確かに記録達成の期待が高まるほど、この日の杉浦は、ストレートの伸びと変化球のキレが抜群だった。
 最速150キロをマークしたストレートを中心にしたピッチングでコントロール自体は甘かったが、手元で伸びてくるボールに加え、要所でフォーク、スライダーを決めて好調の楽天打線を寄せ付けなかった。
 今季の栗山監督は、加藤を1イニングでなく、2、3イニング投げさせて交代する日ハム流のオープナーで起用、第2先発としてオリックスから移籍してきた金子を使うなど大胆な投手起用が目立つ。それらの起用に対しても批判的なファンが、今回の杉浦の降板にリンクさせて疑問を抱くものも少なくなかった。

 球数を制限していた杉浦の交代に備えて、バーベイト、加藤という先発候補2人を後ろに用意していたが、結局、打線が沈黙、同じくヤクルトから移籍してきた秋吉が9回、ウィーラーに勝ち越し3ランを浴びてゲームを落とした。継投の失敗に対する批判の声もあった。野球は結果論で語られるスポーツ。杉浦の完全試合を中断させたゲームを落としたことへの批判は、甘んじて受けなければならないだろう。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 6:46
THE PAGE

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/22(水) 23:35

あなたにおすすめの記事