ここから本文です

『パジェロ!パジェロ!』の掛け声が懐かしい!平成を代表する四駆「三菱 パジェロ」2019年8月生産終了

4/24(水) 13:31配信

オートックワン

三菱自動車の象徴「パジェロ」が37年の歴史に幕

三菱自動車は2019年4月24日、オールラウンドSUV「パジェロ」(国内販売向け)を2019年8月をもって生産終了すると発表した。

>>>ダーツの景品でもお馴染み!パジェロの歴代モデルを画像でチェック(30枚)

歴史的なビッグネームが消えてしまうのは寂しい限りだが、海外では「パジェロ」の名を冠したモデルは引き続き発売される。

海外専用車種として70ヶ国以上で販売しているタイ製「パジェロスポーツ」は上質な造りが特長で、販売されるアジア圏で評を博しているようだ。こういったモデルの国内導入でまたパジェロの名が復活する日を期待したい。

三菱自動車を象徴するパジェロは1982年に発売開始。オフロードにおける高い悪路走破性と、都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を獲得。

1991年には2代目にモデルチェンジし、フルタイムとパートタイムの両方式の長所をあわせ持つ世界初のスーパーセレクト4WDの採用、悪路走破性を一層高めるとともに、ラグジュアリー性を高め、日本のRVブームを牽引した。

1999年には3代目にモデルチェ ンジ、ラダーフレーム構造からビルトインフレーム構造のモノコックボディとなり、軽量化と高剛性化を実現。高い悪路走破性に加えて、優れた操縦安定性と乗り心地を両立した。

2006年には現行モデルとなり、従来から定評のあったスーパーセレクト4WD-IIに加え、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどを採用し、さらにその走りに磨きをかけてきた。

パジェロはこれまで国内で累計64万台以上(2019年3月時点)を販売。多くのユーザーに愛されてきた。

また、モータースポーツでも活躍し、多くのファンを獲得。世界一過酷なラリーといわれるダカールラリーに発売翌年の1983年から参戦し、7大会連続を含む通算12回の総合優勝に輝いた。参戦を通して得た4WD技術やSUVづくりのノウハウは、パジェロをはじめとした三菱自動車製品に活かされている。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 13:31
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事