ここから本文です

ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー

4/24(水) 8:04配信

carview!

最低地上高は210mmを確保する

ミドルクラスのステーションワゴンである「ボルボ V60」の車高と最低地上高を上げると同時に4輪駆動システムを与え、悪路の走破性能を高めたモデル。「ボルボ V60 クロスカントリー」をひとことで説明すると、そういうクルマだ。ただし試乗をしてみると、ちゃちゃっとお手軽に付加価値を盛った、なんちゃってSUVではないことがよ~くわかった。

>>V60 クロスカントリー フォト集<<

たとえば悪路走破性能の指標のひとつとなる最低地上高を見ると、V60比でプラス65mmの210mm。ちなみに同じボルボのSUV「XC60」が215mmだから、相応のロードクリアランスを確保していることがわかる。

インプレッションの前に日本仕様のスペックをお知らせすると、パワートレーンは2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン(最高出力254ps)と8ATで、この組み合わせはボルボが言うところの「T5」。これに4輪駆動システムが付いて「T5 AWD」となる。ボルボ V60のT5はFF(前輪駆動)のみの設定だから、ここからもV60 クロスカントリーにタフな性格が与えられていることがわかる。日本仕様のグレードは、「T5 AWD」と、ナッパーレザーシートやharman/kardon(ハーマン カードン)のプレミアムサウンドシステムを標準装備する「T5 AWD Pro」の2種類となる。試乗したのは後者。

クロスカントリー専用の前後バンパーやフェンダーを備えることで、V60から少しサイズがアップしており、全長はプラス25mmの4785mm、全幅はプラス45mmの1895mm、全高はプラス70mmの1505mm。日本の多くの立体駐車場は全高1550mm以下なら入庫できるから、ほどよい背の高さだと言える。ただし横幅が広がっているので、立体駐車場を使う人はガレージのスペックを確認したほうがいいだろう。

ルックスは優雅でエレガンスだが走りは意外にもスポーティ

運転席に座ると、多少アイポイントは高いものの、眼前に広がるインテリアはV60と共通であることがわかる。センターコンソールにはテスラを思わせる縦長のタッチパネル式の大型液晶画面がドンと構え、ナビも空調もオーディオもこの画面で操作する。結果、スイッチ類の断捨離が進み、すっきりとして居心地のいい、北欧テイストが強まっている。

走り出すと、このクルマがドライバーズカーであると確信する。パッと見は優雅でエレガントな雰囲気が漂うけれど、走りは意外にもスポーティなのだ。まず、2.0L直4ターボがシュンと軽やかにまわる。低回転域から充分なトルクを発生するので高回転域まで無理に回す必要はないけれど、加速が欲しい場面でアクセルペダルを踏み込むとレスポンスよく反応してくれる。回せば回しただけパワーが出るし、控え目ながらいい感じの音も響くから、回し甲斐のあるエンジンだ。

エンジンの好印象を影で支えているのがアイシンAW製の8ATで、段差を感じさせないシームレスで素早い変速は、クルマ全体の動的な質感向上に大きく貢献している。ドライブモードで「ダイナミック」を選ぶと、ステアリングホイールの手応えがグッと骨っぽくなるのと同時に、8ATはより上まで引っ張る設定となり、スロットル操作に対するエンジンのレスポンスもシャープになる。ダイナミックモードだと、クロスカントリーという牧歌的なネーミングより、スポーツワゴンという呼び方がふさわしくなる。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 8:04
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事