ここから本文です

日仏首脳 G20成功へ連携確認 日産・ルノー関係にも言及

4/24(水) 12:25配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

欧米6カ国を歴訪中の安倍首相は日本時間23日夜、フランスのマクロン大統領と会談し、6月に大阪で開くG20(20カ国・地域)首脳会議の成功に向け、連携していくことを確認した。

安倍首相は、2019年のG7サミットの議長国であるフランスを最初の訪問国に選び、世界経済が不透明さを増す中、自由貿易の重要性をあらためて訴えた。

安倍首相は、「自由貿易の推進やイノベーションを通じた世界経済の成長のけん引」、「G20として団結して対処していくという、力強いメッセージを発出したいと考えている」などと述べた。

安倍首相は会談で、6月のG20大阪サミットの成功に向け、8月のG7サミットの議長国であるフランスと、貿易問題や環境問題など主要な議題で、緊密に連携していくことで一致した。

そして、G20大阪サミットに先立ち、6月下旬にマクロン大統領が、日本を公式訪問する日程も決まった。

一方、ノートルダム大聖堂の火災について、安倍首相は、「フランスが誇る世界遺産への被害に、深く心を痛めている」と述べ、修復に協力する意向を伝えた。

また、フランスのルノーと日産の関係について、安倍首相は、「当事者が十分納得する、安定的なアライアンス(提携)が重要だ」と指摘した。

FNN

最終更新:4/24(水) 12:25
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事