ここから本文です

高速道路PA初のカプセルホテル、阪神高速に誕生 泉大津PAに8月オープン

4/24(水) 10:42配信

乗りものニュース

 阪神高速道路は2019年4月23日(火)、4号湾岸線の泉大津PA(大阪府泉大津市)にカプセルホテル「HOSTEL O2(ホステロツー)」を8月にオープンすると発表しました。

【画像】夜景がウリの泉大津PA

 このカプセルホテルは阪神高速で初の宿泊施設であり、高速道路PA上のカプセルホテルとしても全国初とのこと。泉大津PA(北行き)11階の展望施設が改修され、男性用92室、女性用20室、計112室が設けられます。

 利用料金は1泊3700円から4100円。短時間の仮眠プラン(3時間2700円から)やシャワーのみのプラン(1200円)、疲労回復効果のある酸素(O2)カプセルプラン(2000円)もあるといいます。なお、価格は税抜きです。

 また、夜景スポットとしても知られる北行きエリア11階の展望施設は、カプセルホテルのオープンにあわせ24時間開放に。連絡橋でつながっている南行きエリアからも、カプセルホテルや展望施設の利用が可能です。

 泉大津PAは関西空港に近い立地ということもあり、早朝や深夜のフライト前後における休憩や宿泊のニーズも見込まれています。阪神高速道路は「ちょっとした休憩から宿泊まで、お客さまの多様な休憩ニーズに応える、使いやすく快適な施設に生まれ変わります」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:4/24(水) 10:42
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事