ここから本文です

あなたは出会ったことある? “婚活アプリのえびす様”

4/24(水) 20:50配信

Hint-Pot

婚活アプリで条件検索 効率よく相手を探すAさんの体験

 婚活、恋活のWEBサービスの利用者が、年々増加傾向にある現在。リクルートブライダル総研の調べによると、独身男性は16.1%、女性は20.6%が婚活サービスを利用したことがあるという。そんな婚活アプリを3年前から継続的に利用している女性Aさん(30歳・会社員)は、新元号あやかり婚を狙って今年こそ結婚したいと精力的にアプリを活用している。しかし最近、気になることあるというので、話を聞いた。

【画像】10人に1人がSNSで 20代女性初体験のきっかけに驚愕

 そもそもAさんが婚活アプリを利用し始めたのは3年前の27歳の頃。長年、交際を続けていた8歳年上の彼氏と別れ、本格的に結婚を意識し始めたことがきっかけだった。しかし、結婚相談所に突然登録するのは、彼女のなかではハードルが高く、また婚活パーティーは限られた時間のなかで、知らない男性と次々に話さなければならない状況に気疲れしてしまい、行くことをやめてしまった。そんな中で知ったのが、婚活アプリだった。

「私はひとりの方とじっくりお話をするのは得意。婚活アプリは、出会う前にやり取りができるので、より失敗が少ないかなと思ったんです。それに1日に出会える人数が絞られてしまうパーティーより効率がいいように思っていました……」

 Aさんが婚活アプリに登録すると、たちまち“いいね”の嵐に。その中から、一人ひとり吟味して好みが合いそうな人、条件がいい人を探し、メッセージのやりとりをする。いいねをもらった中からまずはメッセージをやりとりする10数人に絞り、最終的に会うのは2、3人ほどにまで絞る。

初デートの指定場所は、なぜか皆そろって恵比寿のナゾ

「私の好みが偏っているのでしょうか……。なるべく幅広いタイプの男性からお会いする人を選んだつもりなのですが……」

 東京近郊に住むAさんが3年間の間に婚活アプリでデートをしたのは、15人ほど。しかし、驚くことにその15人全員が初デートにはあの場所を指定してきたという。

「婚活アプリで出会った男性との初デートは、決まって恵比寿を指定されるんです。神奈川県や西東京に住んでいる方など、渋谷区近辺に住んでいるわけではない方まで、そろいもそろって恵比寿なんです」

 飲食店が星の数ほどある恵比寿なので、さすがに店がかぶったことはないというが、決まって恵比寿を指定されることを、Aさんは不気味に感じているという。

「恵比寿以外の場所も提案をしてみるのですが、なぜかかたくなに恵比寿に固執する人ばかり……。しかも、行きつけのお店に連れて行きたいから、という理由がある人はほんのひと握りで、たいていが自分すらも初めて行くお店を指定してきます。恵比寿にこだわった割には全国チェーンのカフェに連れていかれることも……。なぜそこまでして恵比寿がいいのか正直分かりません」

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 23:04
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事