ここから本文です

ズベレフ撃破 世界81位ジャリーが3回戦へ「キャリアで最大の勝利」<男子テニス>

4/24(水) 12:04配信

tennis365.net

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は23日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク81位のN・ジャリー(チリ)が第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)を3-6, 7-5, 7-6 (7-5)の逆転で敗り、3回戦進出を果たした。

【錦織、ジャリーらバルセロナOP対戦表】

ラッキールーザーで本戦入りしたジャリーはファイナルセットでゲームカウント0-3から追いつく粘りをみせる。第12ゲームではズべレフにマッチポイントを握られるもピンチをしのぎ、2時間33分の激闘を制した。この勝利でジャリーは、キャリアでトップ10の選手から3度目の勝利をあげた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトで、ジャリーの試合後のコメントを掲載している。

「この勝利は大きい。キャリアで最大の勝利の1つ。本当に大変な試合だった。全力を尽くし、観客たちから力をもらった。すごかったよ。チリ人とスペイン人たちから、たくさんのサポートを受けた。素晴らしい試合だった」と述べた。

「いい状況と悪い状況、どちらにも対応できた。精神力の勝負ではよかった。この素晴らし大会でプレーし続けられるのがとてもうれしい」

3回戦では、第13シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と世界37位のF・ベルダスコ(スペイン)の勝者とベスト16進出をかけて対戦する。

同日の2回戦では、第3シードのD・ティーム(オーストリア)、第4シードの錦織圭、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)、世界ランク51位のJ・シュトルフ(ドイツ)、同57位のJ・ムナル(スペイン)が3回戦へ駒を進めた。

最終更新:4/24(水) 12:04
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事