ここから本文です

ゑんら「これからも貪欲にやっていきたい」1万枚チャレンジに込めた想い:インタビュー

4/24(水) 12:12配信

MusicVoice

「妖怪ディスコ」のお気に入りポイント

――「妖怪ディスコ」のお気に入り、おすすめポイントをお一人ずつお聞きしたいです。

木乃伊みさと 私は前奏や間奏に出てくる振り付けです。元の振り付けがあったんですけど、ちょっと難しかったので自分たちが踊りやすいようにちょっと変えたんです。移動する感じの振りなので、皆さんと一緒に大移動するのが夢です。

滝口きらら Bメロで3人での掛け合いがあるんですけど、そこがミュージカルみたいな雰囲気があるんです。そこが私のオススメポイントです。今までのゑんらにはない感じで観ていても「おおっ!」となってもらえるかなと思います。

滝口ひかり 私は音なんですけど、4拍で刻んでいるのが好きで、今回三味線の音が入っているんですけど、そこが私のテンションが上がる部分なんです。とにかく格好良いんです。

滝口きらら その後のダンスも格好良くて。

――ひかりさんはこの曲に限らず音でテンションが上がることが多いんですか。

滝口ひかり 多いです。リズムとか音程とかに敏感で、好きなコード進行でここを聴いているとエモーショナルな気分になったりします。

――みさとさんもそういうのありますか。

木乃伊みさと 私はマイナーコードが好きで、曲を発注する時もマイナーキーでお願いしてしまうことが多いんです。なんかエモいんです。

――マイナーコードは感情を乗せやすい感じがしますよね。あと、歌詞に出てくる<この命さえ つぶやく>というフレーズが印象的でした。

木乃伊みさと この歌詞は妖怪とか振り向いたらいなくなってしまうという表現から出てきた言葉で、この命も実はいらないんじゃないか? と感じたところから出てきました。曲調がダンス系なので、逆に「つぶやく」という静かな感じの言葉を選んだんです。

――対比ですね。今回もソロバージョンが同時リリースされますが、前作の「さよならを教えて」はセリフを変えたりされていましたが今回は?

木乃伊みさと 今回は歌詞とかは変えていなくて、とにかく自由に歌ってみようという感じでした。

滝口きらら なので、それぞれのらしさが出ていると思います。

滝口ひかり 聴き比べてもらえると面白いと思います。

――「妖怪ディスコ」はMVも公開されていますが寒そうですね。白い息がそれを物語っています。

木乃伊みさと 2月だったので凄く寒かったと思うんですけど…。

滝口きらら 私たちなぜか寒い時期にMVを撮影する事が多くて麻痺して来ちゃっています(笑)。今回はワンカット撮影で一発勝負だったので、実は私が枝に引っかかってるシーンがあるんです。それがファンの方にバレていて、それはちょっと恥ずかしかったです。

木乃伊みさと 何回かリハーサルをして本番は一発勝負で、最初の方のミスだったらやり直せるんですけど、ある程度進んでしまうと最後まで行くしかなくて。あと、カメラマンさんもあの暗い森の中を後ろ向きで歩くので大変そうでした。

3/4ページ

最終更新:4/24(水) 12:12
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事