ここから本文です

「新生ノア」をどう見る? ラッパー・サイプレス上野が語る変化の必要性

4/24(水) 11:02配信

AbemaTIMES

 今年前半の7日本マット界での大きなニュースの一つが「新生ノア」のスタートだった。運営体制が変わるとともにリングマット、団体ロゴも一新。専門誌の「脱三沢」という表紙コピーも含め、ファンからは賛否両論が起きている。プロレスマニアとして知られるサイプレス上野に、この変化について聞いてみた。

――ノアが新体制になり、マットの色とロゴが変わりました。変えるという発表があった段階では賛否両論でしたね。

上野 やっぱりノアのファンの人はそういう感じがあるんだなって。熱いというか。

――真面目でもあるんでしょうし。

上野 昔からのファンが多いんですかね。ノアの色は三沢さんの緑であってほしいっていう。俺はノアの会場にはそんなにたくさんは行ってないんですけど、やっぱり熱狂的な人がいるっていう印象が強いんですよ。

――ノアに鈴木軍が出ていた時、丸藤(正道)選手が鉄柵にテーピングでぐるぐる巻きに縛られたことがあって。それをリングサイドのお客さんが解こうとしたんですよ。

上野 あった! あれは驚きましたよね。

――試合に介入しちゃったよって(苦笑)。言い方を変えれば熱くて真面目なんですけどね。

上野 だから、あんまり抗争劇みたいなことに向いてないリングなのかもしれないですよね。

――あくまで個々の試合のクオリティで勝負みたいな。

上野 「試合は面白い」っていうのは常に言われてますからね。

――逆にそこが変わらなければいいような気もします。音楽の世界でもメンバーが変わったり音楽性が変わったり、いろいろ変化はありますよね。

上野 あるっすね。それこそロゴ変更もあるし。俺らはアルバムごとにロゴ作ったりもするんで。で、結局は最初のロゴのグッズが一番売れたりして。といって戻せばいいわけじゃないし。スチャダラパーもそうじゃないですか。

――「スチャダラ大作戦」のビジュアルが入ったグッズがあったらそれ買いますね(笑)。ということは……。

上野 ノアも、いずれ旧ロゴグッズが売れるようになるかもしれない(笑)。それも変化するからこそなんで。ファンも変化に慣れると、これからいろんなことがやりやすいかもしれない。ロゴって、何年かに一回変えるくらいでもいいと思うんですよ。

――そもそもノアは、新しいことをやりたいから旗揚げした団体でもあるわけですもんね。丸藤選手がジュニアのままGHCヘビー級のベルトを巻いたのも新しかったですし。

上野 変えない、守っていくっていうスタイルのよさも分かるんですよ。でも変えるのも悪いことじゃないし。「変えたいから変える」で全然いいと思いますね。

――音楽だと、売れ出したら気持ちが離れるっていうファン心理もありますよね。

上野 「女にモテる音楽になったのか。じゃあ俺はいいか」みたいな(笑)。でも変わっていかないと進歩ってないですからね。

――停滞は後退というか。まして今、清宮(海斗)という若いチャンピオンがいるわけで、変え時でしょうね。

上野 若さとか新しさを押したほうがいいですよ。逆に新日本みたいなパターンもありますけどね。ロゴは変わってないけど、ロゴ以外はめちゃくちゃ変わってるっていう(笑)。

――どっちにしてもイメージ一新ではあると。

上野 見てたら、新生ノアは過去へのリスペクトを打ち出しつつの変化ですよね。それならファンも受け入れやすいでしょうし、変わっていくのは悪いことじゃないですよ。

最終更新:4/24(水) 11:02
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事