ここから本文です

チリッチ「時間はあるようでない」ハンガリアンOP第1シードで出場<男子テニス>

4/24(水) 16:32配信

tennis365.net

ATP

男子プロテニス協会のATPは23日に公式サイトで、ハンガリアン・オープン(ハンガリー/ブダペスト、レッドクレー、ATP250)に第1シードで出場している世界ランク11位のM・チリッチ(クロアチア)を特集した。

【錦織を称賛、惜敗のチリッチ】

ATPは公式サイトで「2019年は、2016年10月以来の世界ランクトップ10から陥落したチリッチにとって、ベストなスタートではなかった。しかし現在世界ランク11位の彼は自信と共に、今週開催されるブダペストに第1シード兼ワイルドカード(大会推薦枠)で出場する」と記載している。

チリッチは「精神的にも身体的にもいい。シーズンの始めは膝の問題もあり、あまり良いものではなかった。ここ最近プレーした3,4大会で問題がちらほら見えた」と語っている。

「原因を探しているけど、まだ見つかっていない。でも精神的には良い練習ができている。大会で数試合をこなし、プレーの質を高いレベルまで引き上げてくれるだろう。ここ数カ月は思ったほど多くの試合をこなせなかった。だから、ここブダペストでプレーすることに決めた。また昨年は本当に良かったから、すぐ決断できたよ」

30歳のチリッチはキャリア通算18回の優勝を誇り、トップ10選手に対し32度の勝利している。また、37歳で未だ世界のトップでプレーし続けるR・フェデラー(スイス)がいることについて「僕もまだ10年はやれるね」と冗談を飛ばした。

「長くツアーにいる。たくさんの引退と新しく現れる選手たちを見てきた。良い選手人生だよ。とてもいい選手として進化できている気がする。選手として多くの違う部分でも成長できてた。時間はまだあるようでない。僕らはいつも時間との闘いだから毎日を全力で過ごす。時間は有限で、ベストを尽くさなければならないんだ」

チリッチは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)のベスト16進出が最高成績で、当時世界ランク24位のR・バウティスタ=アグ(スペイン)にフルセットの末に敗れた。

今大会の初戦では、世界ランク73位のP・クエバス(ウルグアイ)と同109位のY・マデン(ドイツ)の勝者と対戦する。

最終更新:4/24(水) 16:32
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事