ここから本文です

保育園の連絡帳に何を書く? 園児ママに聞いてみました!

4/24(水) 19:45配信

LIMO

保育園の毎日の準備って、結構タイヘンですよね。その中でも困るのが「連絡帳」。園によってさまざまな呼び方があると思いますが、子どもの家での様子を記録して保育士さんに毎朝お渡しするものです。体温、睡眠時間、食事内容、排便等はそのまま書けばいいのですが、悩むのはフリースペースの自由欄。「メッセージ欄」などとも書かれていますね。

毎日ぎっしり書くママ、かなりラフなママと「自由欄」だけに書く内容はさまざま。どんなことを書いているか、実際に聞いてみました! 

口では伝えにくいことも交えて

「送迎時は忙しくて先生とお話する機会があまりないので、ちょっとでも気になることがあれば率直に書いておきます。すると、それを読んだ先生が声をかけてきてくれて疑問が解消することも。すぐに書かないと忘れてしまうし、モヤモヤは残さず解消したいので、気づいたことはこまめに報告するようにしてます(30代/2歳児ママ)」

なかなか面と向かっては言いづらくても、連絡帳を使うとスムーズな場合もありますよね。

成長日記がわりに

「先生に読んでいただくものではあるのですが、日々の成長日記がわりと思って書いています。本当にちょっとしたこと、小さな失敗とか成長のしるしとか後々自分が読み返して楽しめるような、そんな内容にしちゃってます(40代/4歳児ママ)」

日々の小さな成長って、一緒に子育てしている保育士さんにとっても嬉しいものだと思います。なので連絡帳に書いてもいいのではないでしょうか?  日記を別につけているのでなければ、連絡帳は貴重な成長日記になるかもしれませんね。

自分(ママ)の状態も書く

「子どものことだけでなく、自分の仕事のことや体調のことなんかもさらっと書くこともあります。先生も保護者の様子が見えたほうが安心でしょうし。自分が疲れている時は『ちょっと疲れてます』と書く時もありますよ。特に気を遣ってほしいわけではないのですが、ママの状態が悪いと子どもの様子に影響が出ていないか観察してくれたりします。やっぱり先生は保育のプロですね(30代/1歳児ママ)」

保育士さんを信頼して、家庭の様子をお話ししたほうがリラックスして子どもを預けられますよね。無理して毎日元気なママでいるのも辛いですもの。保育士さんのママへの気遣いには本当に癒されます。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 20:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事