ここから本文です

やはり食パンが人気、大阪・梅田のパン催事

4/24(水) 15:00配信

Lmaga.jp

パン好きが注目する催事『第8回 阪急パンフェア』が24日から、百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)でスタート。食パンコーナーには開店直後から行列ができ、関西での食パンの根強さを裏付けた。

【写真】ボリュームたっぷり肉パン、デザイントーストなど

高級食パン専門店が関西で増加し、予約しないと買えない人気店も続出している背景から、今回は食パンが主軸に添えられた同催事。全国各地の食パンが集結する「パン セレクト マルシェ」は昼11時の販売開始にもかかわらず、10時15分の時点で約100人以上が行列を作るほどの混雑ぶり。

並んでいた神戸市の30代男性は、「今日は銀座の『俺のBakery』を目当てに来ました。パンに合わせて、そのまま食べるか、トーストする際にバターは後塗りか先塗りか、毎朝いろいろ試しています」と、研究を重ねながら、自分好みの食パンをリサーチしているそう。

また、13時から販売予定の「銀座に志かわ」は、10時20分頃に100個分の整理券の配布が終了。そのほかトッピングのバリエーションが楽しめる「ブラウンベーカリー」や、焼きたての分厚い牛肉サンドした「pit master VAMOS」の「プライム肉パン」(972円)などもそろい、肉パンの列には男性の姿も多く見られ、その場でかぶりついて楽しんでいた。

ほかにも、あんぱんコーナー(11時から販売)、パリから直送される「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」、「王様のクリームパン」を販売する長野の「麦香房epi」など、食パン以外も充実。パンを楽しむためのワークショップも連日開催される。期間は4月30日まで。

最終更新:4/24(水) 15:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事