ここから本文です

【レビュー】『アベンジャーズ/エンドゲーム』喪失感と向き合うヒーローたちの真の強さが試される

4/24(水) 8:49配信

Movie Walker

圧倒的スケールとおもしろさで、世界中で記録的なヒットを続ける「アベンジャーズ」シリーズ。第4作目となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日公開)は、完結編にふさわしい衝撃のドラマが展開する!

【写真を見る】ワールドプレミアに登場した真田広之はやはり日本のシーンに出演?<写真8点>

宇宙のバランスを取り戻すという狂信的な思いに駆られ、強大な力を持つ“インフィニティ・ストーン”で全生命の半分を抹殺したサノス。地球上の人類もその半数が消し去られ、それはアベンジャーズも例外ではなかった。それから5年後、量子世界に旅だったまま消息を絶っていたアントマンが突然帰還。変わり果てた世界を目にした彼は、 アベンジャーズに“あるプラン”を提案する…。

前作『アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー』(18)でサノスの前に敗れ去ったアベンジャーズ。残されたメンバーたちは再びチームを結成し、サノスとの再決戦に向け立ち上がる。監督は『インフィニティ・ウォー』に続いてアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。壮大なバトルとアクションで押しまくった前作から一転、キャラクターの個性や背景を重視してきたマーベルらしく、今作では残されたメンバーたちの人間ドラマを繊細に描出する。大切な人を失った喪失感と向き合う姿を通し、ヒーローたちは真の強さを試されるのだ。

サノスとのリベンジマッチでは、圧倒的な強さを誇る敵を前に、前作では姿を見せなかったアントマンやホークアイ、そしてキャプテン・マーベルらがアベンジャーズに加勢。シリーズ総決算にふさわしいスケールで壮絶なバトルが繰り広げられる。

二転三転するサノスとの攻防戦、時間や空間の概念を超えた量子世界でのスリリングなミッション、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の歴代キャラの再登場、故スタン・リー最後のカメオ出演まで、まさに全編が見どころ。涙腺直撃の見せ場がいくつも用意されたアベンジャーズ最後にして最大の戦いは、間違いなくMCUにひとつの終わりを告げた――。(Movie Walker・文/神武団四郎)

最終更新:4/24(水) 14:56
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事