ここから本文です

JR四国、鉄道収入4年ぶり減 18年度豪雨影響

4/24(水) 9:51配信

愛媛新聞ONLINE

 JR四国(高松市)が23日発表した2018年度の鉄道営業概況によると、鉄道収入(定期券除く)は前年度比5.2%減の323億9000万円となり、4年ぶりに前年を下回った。7月の西日本豪雨や台風による運休・減便で約13億円の減収となったほか、前年にJRグループが四国で展開した大型観光キャンペーンなどの反動減があった。

愛媛新聞社

最終更新:4/24(水) 9:51
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事