ここから本文です

R・マドリーの無冠が正式決定…C・ロナウドの穴埋まらず9季ぶり屈辱

4/24(水) 6:25配信

ゲキサカ

 リーガ・エスパニョーラは23日、第34節を各地で行い、首位のバルセロナがアラベスを2-0で破った。今節未消化の3位レアル・マドリーとの勝ち点差は『16』。残り5試合で逆転することが不可能となり、R・マドリーの9シーズンぶりの無冠が決定した。

 UEFAチャンピオンズリーグ3連覇に導いたFWクリスティアーノ・ロナウド、ジネディーヌ・ジダン監督といった功労者がクラブを去り、シーズン序盤のUEFAスーパーカップでA・マドリーに敗れるスタートを切った今季のR・マドリー。ジュレン・ロペテギ監督はなかなか勝ち星を重ねられず、リーガ第10節終了後に解任された。

 その後はサンティアゴ・ソラーリ暫定監督が就任し、一時は上昇気流に乗ったかと思われたが、正式な監督就任後は低調な試合に逆戻り。コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、欧州CLで立て続けに敗退が決まると、クラブはシーズン2度目の監督解任に踏み切り、ジダン監督が復帰するという慌ただしい人事に至った。

 残るタイトルはリーガ・エスパニョーラのみとなった中、ジダン監督も思うように勝ち点を積み重ねられず、バルセロナの独走を許してしまった形。第34節を2日後に控えた23日、首位のバルセロナが勝利したことで戦わずしてリーグ優勝の可能性が消滅し、2009-10シーズン以来6シーズンぶりの無冠が正式に決定した。

R・マドリーが2010-11シーズン以降に獲得したタイトルは以下のとおり。

10-11 国王杯
11-12 リーガ
12-13 スペインスーパー杯
13-14 国王杯、欧州CL
14-15 UEFAスーパー杯、クラブW杯
15-16 欧州CL
16-17 リーガ、欧州CL、UEFAスーパー杯、クラブW杯
17-18 欧州CL、UEFAスーパー杯、スペインスーパー杯、クラブW杯

最終更新:4/24(水) 6:27
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ