ここから本文です

逆転許し退場者出した名古屋、「千葉ちゃんのために」10人で追いつき大分とドロー

4/24(水) 21:06配信

ゲキサカ

[4.24 ルヴァン杯C組 大分2-2名古屋 昭和電ド]

 ルヴァン杯C組の大分トリニータ対名古屋グランパスは2-2の引き分けに終わった。勝ち点1ずつを分け合い、名古屋の勝ち点は5。大分トリニータは同4。

 先制は名古屋だった。前半24分、右サイドで獲得したCKをMF前田直輝が蹴ると、ニアでFW杉森考起が頭でそらす。そしてファーに詰めていたDF金井貢史が蹴り込んで、試合を動かす。

 ただ前半45分、大分もセットプレーのチャンスを得点につなげる。右サイドでFKを獲得すると、MF小手川宏基のクロスをFW三平和司が滞空時間の長いヘッドで合わせる。

 さらに大分は後半3分、カウンターからMFティティパンがロングパス。前半から名古屋の高いDFラインの裏を狙っていたFW後藤優介が右足で決めて、試合をひっくり返した。

 そして名古屋は後半8分にミスからボールを奪われたDF千葉和彦がティティパンを倒してしまい、イエローカード。これがこの日2枚目の警告となり、一人少なくなってしまう。

 だが予選突破に向け負けられない名古屋も10人で必死に攻める。右SBで先発していた相馬勇紀を前に上げるなど、攻撃的な姿勢を崩さずにいると、後半38分、前田のシュートはGKポープ・ウィリアムに防がれたが、跳ね返りを拾った相馬のアシストからFW赤崎秀平が蹴り込んで同点。名古屋の多くの選手が足をつるほど走り抜いて、何とかドローに持ち込んだ。

 同点弾の赤崎は「少ないチャンスを決めることだけに集中していた。退場したのが千葉ちゃんということで、チームのために頑張ってくれている選手なので、みんなが千葉ちゃんのために同点に追い付こうと走っていたと思う。こういう苦しい中でも気持ちを出して戦えたのは財産になる」と話した。

最終更新:4/24(水) 21:06
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事