ここから本文です

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリー「コーナー出口で攻めすぎているのが分かった」

4/25(木) 5:57配信

TopNews

レッドブルのピエール・ガスリーが、苦戦から抜け出すための糸口を見つけたようだ。

昨シーズン限りで離脱したダニエル・リカルド(現ルノー)の後任としてトロロッソから今季レッドブルへと昇格したガスリーだが、ここまでに行われた3レースではチームメートのマックス・フェルスタッペンに大きな差をつけられてしまっている。

だが、第3戦中国GPを6位でフィニッシュしたガスリーは、終盤にはファステストラップもマーク。少しずつ今季のレッドブル・ホンダF1マシンをうまく扱えるようになってきているようだ。

23歳のガスリーは、ここまでに苦戦を強いられた原因について、母国フランスの『Auto Hebdo(オト・エブド)』に次のように語った。

「データを見ると、どこで自分がタイムを失っているのかが分かるんだ」

「それはコーナーに入るときではなく、出るときなんだ。僕はかなり攻撃的にスロットルを開けてしまうから、それでリアホイールがすべってしまっている。その結果として、僕のタイヤは摩耗が進んでしまうわけさ」

そう語ったガスリーは、次のように付け加えている。

「僕たちはセットアップでその解決策を見つけ出そうと取り組んでいる。だけど、僕自身もクルマの能力をもっと引き出すために自分のドライビングを合わせていかないとね」

最終更新:4/25(木) 5:57
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事