ここから本文です

キル フェ ボンスタッフ推薦のタルト GWにズラリと並びます!

4/25(木) 11:50配信

東京バーゲンマニア

フルーツタルト専門店「キル フェ ボン」では2019年4月27日から5月6日までの期間、オープンから28年目のこれまでに誕生したメニューの中から、スタッフが特に推薦するタルトを販売するイベント「History of Qu'il fait bon ~スタッフが選ぶ思い出のタルト~」が初開催されます。

ラインアップは8種類

平成3年に静岡で誕生したキル フェ ボンでは、これまでに700種類以上のさまざまなタルトが誕生してきました。

初開催となるイベントでは、そんな平成の時代に生まれた沢山の商品の中から、キル フェ ボンを知り尽くしたスタッフおすすめのタルトが登場します。

懐かしのタルトや、意外な食材を使用したものなど全部で8種類のタルトが4種類ずつ、前半(4月27日~5月1日)、後半(5月2日~6日)の2回に分けて販売されます。

8種類のラインアップは、落ち着いた色合いのシンプルなものが多いですが、どれも味わい深く、スタッフ達がいつでも食べたいと選んだ商品だそうですよ。

メニュー詳細は以下の通りです。

●4月27日~5月1日までの販売商品
・「リュバーブのタルト」

ヨーロッパではポピュラーな野菜を使用した一品。塩味を少し効かせたタルトにソテーしたリュバーブ、濃厚なプリン生地を流し焼き上げています。イチゴとの相性が絶妙なのだとか。

価格は1ピース591円、ホール(21センチ)が4536円。

・「バナナのタルト」

キャラメリゼしたバナナにシナモンと生クリームを加え、サブレ生地に敷いています。口当たりまろやかな生クリームと、アクセントに使用したクルミ、風味豊かなバナナのキャラメリゼの組み合わせを楽しんでみて。

価格は1ピース624円、ホール(25センチ)が5940円。

・「ラフィネクリームのタルト」

ラフィネクリーム(まろやかな酸味のある発酵クリーム)と白ワインのムースに、甘酸っぱい木苺のジャムとふんわりと口どけのよい生クリームを合わせています。

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 11:50
東京バーゲンマニア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事