ここから本文です

【レッドブル・ホンダ】バクーで投入される新スペックホンダエンジンに期待

4/25(木) 19:01配信

TopNews

ホンダが今週末にバクー市街地サーキットで開催される今季のF1第4戦アゼルバイジャンGP(28日決勝)にスペック2と呼ばれる新エンジンを投入することが明らかとなった。

ホンダF1プロジェクトのテクニカルディレクターを務める田辺豊治は公式プレビュー(英語版)の中で次のように語っている。

「今週末、我々はスペック2の内燃エンジンを週末のスタート時から4台すべてに導入する予定です」

「スペック2の主な利点は耐久性と寿命が改善されており、信頼性も向上していることです。さらに、わずかながらパフォーマンスも改善されています」

先週、レッドブル首脳のヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)は、アゼルバイジャンで投入されるホンダの新スペックエンジンは、今季ここまでの3レースで使用されていたものと比べると出力が20馬力向上されたものになると語っていた。

田辺TDのコメントによれば、今回投入されるのはPU(パワーユニット)と呼ばれるF1エンジンコンポーネントのうちICEと呼ばれる内燃エンジンだけとなるようだ。

PUにはこのほかターボチャージャー、熱エネルギー回生システムであるMGU-H、運動エネルギー回生システムであるMGU-Kなどの主要コンポーネントがあり、新ICEのみの投入で果たして20馬力も向上できるのかどうかは不明だ。

しかし、最近レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、燃料パートナーであるエクソンモービル社のF1エンジン用燃料がホンダエンジンのパワーアップに寄与していることも示唆している。

バクー市街地サーキットは2km以上に及ぶストレートがありパワーが重要となるコースだけに、ホンダの新スペックエンジンが実際にどれほどのパフォーマンスを見せるのかに注目が集まるのは間違いない。

最終更新:4/25(木) 19:01
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事