ここから本文です

チェルノブイリホラー『Chernobylite』のKickstarterが9日間で目標達成! 原発エリアの制作過程も披露

4/25(木) 16:30配信

Game Spark

デベロッパーFarm 51は、4月12日より展開している新作サバイバルホラー『Chernobylite』のKickstarterキャンペーンが、開始から9日間で目標の100,000ドルに到達したことを報告しました。これにより本作は『SUPERHOT』と『Agony』に続く、最も成功したポーランド産クラウドファンディングタイトルの1つとなったそうです。

大きな写真で詳しく見る


記事執筆時点では1,900人以上のバッカーから120,000ドルを超えるプレッジが集まっている本作。ストレッチゴールであるチェルノブイリ原子力発電所エリアの追加やEFIGSローカライズ(英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語)も達成しています。その他のストレッチゴールでは武器クラフトシステム(130,000ドル)、現実の立ち入り禁止区域のサウンド(150,000ドル)、ゾーンで最も危険なエリア「Red Forest」(180,000ドル)、ミステリアスなNPC「Tarakan」(200,000ドル)などが用意されています。


『Chernobylite』はPCを対象に2019年リリース予定。先日にはPS4/Xbox One版の計画も明らかにされていました。コンソール版のリリース時期は未定なものの、Kickstarterのバッカーは2020年後半~2021年にSteam版キーとコンソール版キーを交換できるだろうと伝えられています。

Game*Spark RIKUSYO

最終更新:4/25(木) 16:30
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事