ここから本文です

浜松町に「ビストロおじさまを。sasaya」 150種類のワインを用意 /東京

4/25(木) 11:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 浜松町のビストロ「浜松町にビストロおじさまを。sasaya」(港区浜松町2、TEL 03-3433-6686)」が、オープンから約2カ月を迎える。席数は50席。(新橋経済新聞)

「ビストロ風お好み焼き」の一つ「シラスと焦がしバターアンチョビ」

 日本生命浜松町クレアタワー1階に2月28日にオープンした同店。カウンター上のアイスベットに市場直送の鮮魚を並べ、店内には約150種類のワインをそろえる。食材に使う魚介類は、ビストロならではの調理法を採用して提供する。

 メニューは、「クアトロ・フォルマッジ 4種のチーズ」「シラスと焦がしバターアンチョビ」「半熟卵と自家製パストラミのビスマルク」(以上490円)、「半熟卵と自家製パストラミのビスマルク」(590円)の4種類の「ビストロ風お好み焼き」など。「ワインの為のレーズンバター」(390円)、「つまんで呑める ビフテキ」(590円)、「漁師のアヒージョ」(790円)、「オマール海老のテルミドール フカヒレのソース」(1,690円)などの一品料理も用意する。

 シェフソムリエの山下公博さんは「店名の通りターゲットは男性だが、若い女性向けの料理も多く用意している。ワインは希望小売価格プラス999円で提供しているので、おいしいワインを料理と一緒にたくさん飲んでいただきたい」と話す。

 営業時間は11時30分~15時、17時~23時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/25(木) 11:30
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事