ここから本文です

<きのう何食べた?>山本耕史の“小日向さん”演技を原作ファンが絶賛 恋人役・磯村勇斗の登場に期待も

4/25(木) 20:04配信

まんたんウェブ

 俳優の西島秀俊さんと内野聖陽さんがダブル主演の連続ドラマ「きのう何食べた?」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)の第3話(19日放送)で、原作でも人気のキャラクターで2人と同じ同性愛者の小日向大策を演じる山本耕史さんが初登場した。SNSでは「小日向さんがしっかり再現されてて山本耕史スゲー!」「しゃべり動く小日向さん全く違和感ないわ。間違いなくあれは小日向さん。さすが山本耕史だ」と、原作ファンから数々の絶賛の声が上がっている。

【写真特集】西島秀俊の健康年齢は驚異の22歳! イケメンなスーツ姿も

 原作ではシロさん(西島さん)より体格のいい寡黙な男性の小日向を、山本さんが演じることに、原作ファンからは「小日向さんが山本耕史???」「イメージが違う」と心配する声もあったが、ドラマに登場すると違和感のない演技への絶賛のほか、恋人の仕打ちにオタオタしたり、恋人の顔を見るたびに「あっあっ、可愛い……」とつぶやいたりするユニークな演技に「トリッキーな演技たまらん」「キャラが濃い!」「まさかの演技にワロタ」という反響の声も上がっていた。

 また、「新選組!」「真田丸」など大河ドラマに出演した山本さんと今回の役のギャップに反応する声も多く、「私は主に土方歳三と石田治部しか見ていないものだから、あんな可愛い挙動をする山本耕史に動揺している」「ちょいちょい真田丸思い出しちゃうw」と盛り上がりを見せていた。

 第3話では、小日向が「ジルベールのような美少年」だという同居相手・井上航(磯村勇斗さん)とのことを“悩み”と言いつつ“のろけ話”にして、シロさん(西島さん)に聞かせるシーンも描かれたが、同話の航はシロさんの想像した人物として別の俳優が演じ、磯村さんの出演はなかったため、SNSでは「早く磯村勇斗のヒゲのジルベールが見たい」と、出演をを待ち望む声もあった。

 ドラマはマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のよしながふみさんの同名人気マンガが原作。西島さん演じる料理上手できちょうめん、倹約家の弁護士・筧史朗(通称シロさん)と、内野さん演じるシロさんの恋人・人当たりのいい美容師の矢吹賢二(通称ケンジ)という男性カップルの2人暮らしが、食卓を通して描かれる。

最終更新:4/26(金) 23:22
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ