ここから本文です

【JRA】メイショウテッコン高橋義忠師「心臓はかなり強い。長距離でも力を十二分に発揮できる」/天皇賞(春)共同会見

4/25(木) 15:03配信

netkeiba.com

■メイショウテッコンを管理する高橋義忠調教師

――前走の日経賞を振り返ってください。
高橋 落ち着いて競馬ができましたし、かかることなくリズムよく運べました。中盤からエタリオウがいいかたちで併さってくれたので、集中して最後まで走れたというのもテッコンにとってはいいかたちでした。

――この馬の持ち味が生きたレースだったのでしょうか?
高橋 そうですね。いちばんいいかたちでのレースができたと思います。

――この中間の調整過程は?
高橋 レース後は多少の疲れが見られました。在厩のまま、まずは疲れをとるところから始めました。厩舎の助手らがいいかたちで調整してくれたので2週間くらい前からこの大一番に向かって調整できる体勢は整ってきています。

――ここ2週、福永騎手が騎乗して追い切られていますね。その狙いと効果は?
高橋 先週は福永ジョッキーにとってファーストコンタクトでした。馬場でしっかり負荷をかけたいというこちらの思いもありましたので、そのあたりをしっかりお伝えし、馬場のほうでしっかり馬と向き合っていただいて追い切りました。

 ジョッキーは下で見ているとのと、実際に跨ってみるのとでは感覚的に違ったという話をしていました。それは極めていいかんじのコメントで、思っていたよりもいい馬だった、ということだったのでこちらも本当に安心しました。

 今週の最終追い切りですが、ジョッキーは先週角馬場から(長い時間)跨ってくれまして大体馬のイメージを持ってくれていますし変に気負うのもどうかな、というのがありましたので、昨日(水曜)までの段階ではジョッキーは乗らない方向で考えていました。しかし、ジョッキーと話し合った結果、『もう一度、乗っておきたい』ということでしたしジョッキーの予定も空いているということだったので先週に続いて跨ってもらうことになりました。

 先週は馬場、今週は坂路ということで、どちらも跨ってもらいましたが、『坂路のほうが馬場よりシャープな動きをする』という話をしていました。今日も本当にいいイメージで上がってきましたので、今日もジョッキ―に乗っていただいて本当によかったと思っています。

――京都の3200という舞台は?
高橋 わたしのイメージとしてはまだ4歳馬ですのでこれからだと思うのですが、ようやく本当に精神と体が釣り合ってきて安定的に力を出せるようになってきました。本当に馬が無事であれば、これから鍛えて一流のステイヤーにしていきたいという想いはあります。しかし、まだその入り口というか、うまく調整していける入り口に到達したところなので、その段階で今回大一番を迎えるのは陣営としては弱いところではあります。

 しかし、現状としては馬の心身は極めていい状態でレースに向かえると思っています。

――現状でのストロングポイントは?
高橋 去年の秋には言えなかったことですが、精神的な安定もだいぶはかれるようになりました。その辺はジョッキーに苦労をかけることが少なくなってきたのではないか、と思います。

 あと、心臓はかなり強いものを持っています。調教中は心拍数の計測も常に行っているのですが、かなり心臓は強いイメージですね。そういう意味では長距離でも力を十二分に発揮できる能力は持っていると思います。

――天皇賞というレースへの想いは?
高橋 いちばん勝ちたいレースは何か?と聞かれたら、迷わず天皇賞と言いたいくらい。やはり伝統あるレースですし、わたしの父(高橋成忠元調教師)もメイショウサムソンで勝ったレース(注:2007年に春秋制覇)でもあります。想いとしてはかなり強いものがあります。こういうかたちで大変お世話になっているメイショウのオーナーの馬でこのような舞台に立たせて貰うというのはちょっと違った想いもあります。恩返しをする想いも含めて馬に頑張って貰いたいな、と思います。

――最後にファンの皆さんへメッセージを。
高橋 本当に強い馬たちが揃っていますけれども、その中でも遜色のない能力を持っている馬だと思います。こちらとしては、まだこれからだと思います。ここが最後でもないです。本当にこれからもっともっと強くなっていくために、きっかけというか、強いところを見せられたら、これからもっともっと皆さんの中にこの馬が入っていくと思います。そして、そういうものを見せてもらえたらなぁ、と思っています。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:4/25(木) 17:26
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事