ここから本文です

72歳・尾木ママ、運転やめていた「ご遺族の無念思うと涙が…気合いだけでは車は操作できないのです!」

4/25(木) 11:07配信

スポーツ報知

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が25日までに自身のブログを更新。東京都豊島区東池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)の車が赤信号を無視し暴走し、松永真菜さん(31)と、長女の莉子ちゃん(3)が死亡、10人が負傷した事故に「ご遺族の無念思うと胸が詰まり涙が出てきます」と吐露した。

【写真】百田尚樹氏、池袋暴走事故に炎上覚悟のツイート「若い母親と幼子の命を奪い…怒りがおさまらん」

 尾木ママは「運転に少しでも不安があれば止める勇気!!」のタイトルで記事をアップし、「池袋での母子交通事故惨事ーーご遺族の無念思うと胸が詰まり涙が出てきます」と記述。「・高齢者・右足に怪我していいる・体調が良くない・眠気がひどいこんな時はタクシーを使う 時間かかっても電車にする バスを使う 勇気を出して今回の事故の惨事考えて運転を控えるべきではないでしょうか!ほんの少しの勇気が人々の幸せを壊さないのではないでしょうか」と訴えた。

 さらに「池袋は大都会ではないでしょうか?!」のタイトルで記事を連続投稿し、「連日の悲惨な交通事故は多くが都会です!ほんの少しの配慮 注意で命を守ることができるのではないでしょうか 田舎の話ではないのです!」と警鐘。

 さらに「高齢者差別ではなく危険極まりない身体能力で都会の雑踏に乗り出す危険 周囲の人のアドバイス 本人の自覚 極めて大事ではないでしょうか?気合いだけでは車は操作できないのです!」と主張し、「尾木ママも免許証はありますが、運転はやめています!お母さん子どもたちの命を守ること みんなで本気出して考えたいですね!」とつづっていた。

最終更新:4/25(木) 11:19
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事