ここから本文です

王者ブラント 村田諒太との再戦に「同じ結果残せれば嬉しい」前回は大差圧勝

4/25(木) 13:49配信

デイリースポーツ

 ボクシングの帝拳ジムは25日、都内で会見を開き、7月12日にエディオンアリーナ大阪で、前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が同級王者ロブ・ブラント(28)=米国=に挑戦すると発表した。村田は昨年10月に、米・ラスベガスでブラントの挑戦を受け0-3の大差判定で敗れた。

【写真】火花バチバチ!にらみ合う両雄

 2度目の防衛戦はスピードも手数も圧倒的にブラントが上回った。初回から速射砲のようなジャブに出鼻をくじかれ、プレッシャーをかけようとするも、俊敏なフットワークでいなされてしまう。5回には村田のワンツーがヒットし、左ボディーを交えた連打を繰り出すも捉えきれず、その後は劣勢が続き、ブラントの多彩なパンチとスピードに翻弄(ほんろう)された。

 試合後、村田は「完全に負けたと思っていたので」と完敗を認め「自分のボクシングの幅のなさを痛感した」とコメントしていた。

 そんな相手との再戦が決まった。この日の会見にはブラントも同席。「今、正直な気持ちというのは、日本で再戦が決まったと言うことで、村田選手にとっての強みが日本のみなさんのサポートだと思う。前回より大きなチャンレンジになる。しかし、しっかり準備はしている。チャレンジだがすごくワクワクしている。前戦と同じような試合を見せて、同じような結果を残せればうれしい」と自信を示していた。

最終更新:4/25(木) 14:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事