ここから本文です

日本人はなぜ「せっけんの香り」が好きなのか

4/25(木) 6:00配信

アーバン ライフ メトロ

日本人に根付かない海外製の香水

 4月8日の「シャボン(せっけん)の香りの日」制定を記念したシンポジウムが2019年同日、都内で開催されました。主催は、商社やメーカーなどの有識者から成る「シャボン(せっけん)の香りを普及させる会」評議会です。シンポジウムでは同会事務局長で、ウエニ貿易(台東区池之端)の昆沙賀(びさか)泰丈さんが登壇。昆沙賀さんは、化粧文化の第一人者として知られる同会顧問で、駒沢女子大学教授の石田かおりさんの論文「日本におけるフレグランスの社会的受容に関する文化論的考察」(2011〈平成23〉年発表)を基にプレゼンテーションを行いました。なおシンポジウムには、清潔感あふれる「ベストシャボニスト」として、モデルでアーティストの伊藤千晃さんと、美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」専属モデルのメドウズ舞良(まいら)さんも登場しました。

【写真】「伊藤・メドウズ」まるごと写真館!(18枚)

 昆沙賀さんのプレゼンテーションは、次のとおりです。

「弊社(ウエニ貿易)は約20年間、海外製の香水を卸しています。約20年前は女子高生を中心に、香水が非常に流行っており、ボトルの形状が特徴的なものから、色がピンクやブルーのパステル調のもの、芸能人やモデルとタイアップしたものまで、さまざまでした。全体的に、見るからに可愛いらしい商品が多かったです。実際、そのような商品が良く売れていましたし、香りの系統では『少し甘め』のフローラルスイート系が多かったと記憶しています。

 当時そのような商品が数多く生まれましたが、継続的に現在も販売されているものはごくわずかです。海外製のブランド香水もさまざまな新製品が販売されていますが、ブランド名やボトルの形状、インパクトのある商品名で最初はある程度売れるのですが、売れ続けるものは非常に稀です。

 このような結果から、日本人には海外の『香水文化』がさほど根付いていないことが分かります。香水の出荷量も近年ほぼ横ばいといった状況です」

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 7:33
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事