ここから本文です

イスラエル、ベレシート後継機を製造へ 再び月面着陸目指す

4/25(木) 11:39配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

イスラエルの民間団体スペースILは、新たな月面探査機を製造し、打ち上げることを表明しました。

スペースILは今年2月に月面探査機「ベレシート」を打ち上げました。同探査機は月周回軌道への投入には成功したものの、残念ながら月面への軟着陸には失敗しています。

スペースILによれば、新たな月面探査機の計画はすぐにも始まります。また、もともとスペースILが目指していた民間月探査レース「Google Lunar X Prize」は、失敗はしましたが探査機の月到達にたいして100万ドル(約1億1000万円)を支払うと表明しています。

探査機の月面軟着陸を成功させたのは、これまでロシア(旧ソ連)やアメリカ、中国しかなく、またどれもが政府によるミッションでした。今後もスペースILによる月面着陸ミッションの進展に、注目が集まりそうです。

塚本直樹

最終更新:4/25(木) 11:39
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事