ここから本文です

【映像】目が見えないイヌの介助犬 2匹は切っても切れない関係

4/25(木) 16:49配信

アフロ

 イングランド北西部チェシャー州ウィンスフォードの消防署で、人事係として働くジェス・マーチンさん(27)は、2匹のペットを飼っている。
 1匹は18歳の誕生日に両親から贈られたボーダーテリアの「トビー」で、もう1匹は昨年の夏、消防署に保護されてきた雑種の「エイモス」だ。
 エイモスは生まれたときから目が見えない。ジェスさんがエイモスを引き取ったばかりのころ、トビーはエイモスを警戒していた。しかし、それから9カ月たったいま、2匹は切っても切れない関係で、いつでも、どこへ行くのも一緒だ。
 トビーにはエイモスの目が見えないのが分かるのか、エイモスが立ち止まれば、介助犬のように動き出すまで隣に寄り添い、エイモスの手足代わりになっているという。

(イギリス、チェシャー、4月25日、映像:Caters/アフロ)

最終更新:4/25(木) 16:49
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事