ここから本文です

関東~西は天気回復も不安定 にわか雨や雷雨 暑さに注意 北日本は気温大幅ダウン

4/25(木) 5:37配信

ウェザーマップ

 きょう(木)は、午前中は雨の所が多くなるが、次第に天気は回復に向かい、午後は晴れ間の出る所もある見込み。ただ、日差しが出ても不安定な天気で、にわか雨や雷雨に注意が必要となる。
 太平洋側を中心に気温が上がり、東京は25℃など汗ばむ暑さとなる一方、冷たい空気が流れ込む北日本では、きのうに比べて10℃以上低くなる所もありそうだ。

午後は太平洋側で晴れ間も

 きょうは低気圧や前後の通過に伴って、朝までは東日本や北日本の広い範囲で雨となる見込み。次第に天気は回復に向かい、午後は関東から西の太平洋側では晴れ間の出る所もありそうだ。
 ただ、一旦雨がやんでも不安定な天気で、午後は所々でにわか雨がある見込み。特に関東は晴れ間があっても急な雨や雷雨に注意が必要となる。日本海側では昼過ぎにかけて断続的に雨となりそうだ。

北日本は気温大幅ダウン 関東から西は夏日も

 低気圧が通過した後は、北日本には冷たい空気が流れ込むため、北日本では気温が大幅に低くなる。きのう(水)は、札幌で23.2℃まで上がり、桜開花の発表もあったが、きょうは最高気温が12℃と、暖かさが一転して肌寒くなりそうだ。
 一方、暖かな空気の影響で、西日本や東日本では朝から気温が高めとなっている。日中は日差しの戻る関東から西を中心に気温が上がり、25℃以上となる所が多くなる見込み。きのうよりも気温が高くなり、湿度も高く蒸し暑くなるため体調を崩さないようこまめな水分補給を心がけたい。

ゴールデンウィーク 天気も気温も変わりやすい

 あす(金)は、西日本は晴れる所が多いものの、関東から北海道にかけては再び天気が崩れ、北日本では冷たい雨や雪となりそうだ。
 ただ、連休スタートとなる27日(土)は、北日本や北陸で雨や雪の降る所があるが、範囲は次第に狭くなり、青空の広がる所が多い見込み。
 そのあと28日(日)は全国的に晴れるものの、晴天は長く続かず、29日(月)は西から天気は下り坂となり、30日(火)は広い範囲で雨となる。
 来週のはじめにかけては天気だけだなく、気温の変化も大きくなるため、服装選びや体調管理に注意が必要となる。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:4/25(木) 5:52
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事