ここから本文です

iFixit、折りたたみスマホGalaxy Foldをさっそく料理。評価は「驚くほど壊れやすい」

4/25(木) 14:23配信

Engadget 日本版

モバイル機器の修理屋さんiFixitが、発売前の画面折りたたみ式スマホGalaxy Foldを早くも分解し、アジの開きならぬ“スマホの開き“状態に料理してしまいました。

気になるiFixitの評価は、特にヒンジ周りが「驚くほど壊れやすい」。外から見た限りでは、そのヒンジ機構はがっしりしていそうに見えるものの、塵やホコリの侵入防止対策はなく、粒上のゴミがヒンジとプラスチック製のOLEDスクリーンの間に噛み込んでしまいそうだとのこと。
iFixitの報告は、いくつかのメディアに貸し出されたモデルによるレビューで発覚したディスプレイ故障の原因のひとつを説明するかもしれません。The Vergeの記者ディーター・ボーン氏は、Galaxy Foldのスクリーンの折り目部分の裏側、ヒンジのところのなにかかヒンジそのものが破損して、あるいはヒンジ部分以外の破損ではなく外部から砂粒状の異物が入り込んでスクリーンとの間に挟まり、不自然な膨らみを形成してしまったことを報告していました。

もし本当に、ヒンジ部分に何らかの破片が挟まったというのであれば、日常的にわりと手荒にスマートフォンを扱いがちなユーザーにとっては良くない知らせです。防水防塵をうたわないGalaxy Foldが塵やホコリ、水の浸入に弱いとしても、それは問題ではありません。しかし、iFixitによる分解からは、Galaxy Foldが機構的に頑丈であるという判定を導き出すことは難しそうです。

GSM Arenaが実施した別の分解レポートにおいても、やはりGalaxy Foldの設計面での貧弱さがクローズアップされており、iFixitの評価が(いつものように)的を射ているのであれば、サムスンはユーザーの期待を裏切らないためにも、Galaxy Foldに設計面での対策もしくは変更をする必要があるかもしれません。

Munenori Taniguchi

最終更新:4/25(木) 14:23
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事